お客様=「神様」の時代は過ぎた!


丸ちゃんです。

 

 

 

 

今回は

小麦粉販売のエキスパート

として感じた事を振り返りたいと思います!

 

 

学生時代に部活動でラグビーに励み、青春を追いかけていました!

その時に学んだ「人に対して気の使い方」はとても役に立ちました。

先行していた「経営学」より「人間関係」を学んだ甲斐があります(笑)

 

 

 

しかし、最近疑問に思う事が多々ありました。

商品を購入した方(お客様)の要望に全て応えてあげる事が本当にいい関係なのか?

 

私達はお互いが納得できる形づくりを進めています。

商売として長く続く為の「最高の形づくり」が目的です。

 

 

 

お客様は私達の「神様」ではありません。

ましてや、お客様は学生時代の「先輩」でもありません。

 

 

 

 

 

私達が考える「お客様」は共に歩んでもらう

「パートナー」

であって欲しいと願っています。

先輩・神様の言う通りに全てが進む事が良い訳ではないのです。

 

 

 

これからはあなたの側に寄り添えるご提案を。。。