ぱんの恩返し~こむぎこバレンタイン~


ぴんきーです。

ブログを読んでくれてる、よいこの皆さん、シャラララ素敵にキッス~♪ なバレンタインデー、過ごされましたか★

今回はこむぎこ塾のバレンタインを、なぜか日本昔話調でお届けします(^^;

物語スタート★(ここから先は、市原悦子さんの声で脳内変換してくださいネ)

「ぱんの恩返し」

0275

むかーし、むかーし、あるところに、こむぎこ大好きな村人の集まる、こむぎこ塾があったんじゃ。

春一番がふいたあるあたたかな日、ぴんきーがこむぎこ塾を訪れると、こむぎこエリート大学生「ぱん」こと、あんぱんくんがなにやら楽しげに事務所と給湯室を行き来しておった。

ぴんきーが「なにしとるんじゃ」とたずねると、あんぱんくんは言いました。

「お菓子を作りたいから、コンビニで牛乳を買ってきてください」と。

ぴんきーが牛乳を買ってくると、あんぱんくんは事務所の前にびょうぶを立てて、

「お菓子が焼きあがるまで、決して覗かないでください」と言いました。

cymera_20160215_123539

覗きを禁じられたぴんきーは、少しだけブーたれましたが、大好きなダチョウ倶楽部のことを思い出しました。

「これは・・・業界でいうところの・・・見るなよ~、ぜぇっったいに見るなよ~(=やっちゃえ、●ッサン)」

って言う意味だな、と。

「『鶴の恩返し』のじさまだって、覗いてたじゃない。ここはひとつ、覗いとくのが様式美ってもんよ」

ブツブツ言いながら、ぴんきーが禁断の屏風の隙間を覗き込むと・・・

cymera_20160215_122422

あーーーっ!

12

「おいしくな~れ~ おいしくな~れ~」

・・・そこには、あんぱんくんの手によって次々とラブ注入されていくスコーンたちの山があったのじゃよ!

もうね、 ~どれもが浮かれてカーニバル、Oh ダーリン♪~ 状態。

さらに目をこらすと奥のゾーンでは、こむぎこリーダー・丸ちゃんや、こむぎこ塾レギュラー・神成さんがあんぱんくんにあやつられ、お菓子作りのマッドマックスと化しておった~。

7

どんどん出来る♪

美味しそうな香りにつられてくんくん・・・

6

クランベリー、ココア、カレー、胡椒、シナモン・・・

くんくんくんくん・・・

1

くんくんくんくんく・・・ぐーきゅるるるるる!

お菓子作り中の3人がいっせいに振りかえりました。

「ばれちゃったらしょうがねぇだ!」

ひらきなおったぴんきーは姿を現し、笑ってごまかしましたとさ。

img

めでたし、めでたし。

えーーーっ!

・・・って思ったそこのアナタ、鶴の恩返しの伝統にのっとらないストーリーで、すみません(汗)!

実はこのお菓子、こむぎこ塾のメンバーで こむぎこ料理の貸切営業をしたとき にお世話になったみなさんへの、あんぱんくんからのお礼だったんです(^q^)

cymera_20160215_153313

↑ 山口や製麺所さん へスコーンプレゼントの様子^^

美味しく召し上がれますように♪

2016-02-15_15.37.43decr

 

スコーンの基本レシピを紹介しますね。

cymera_1

▼プレーンなスコーンの材料
・小麦粉 200g
・バター 50g 
 ※事前に湯煎して溶かしておくと混ざりやすいです。
・ベーキングパウダー 3g
・砂糖 
 ※なしでもOK。15gくらいでほんのり甘みがつきます。
・塩 3g
・牛乳 45g 
 ※生地がまとまらないときは規定の量より少しずつ足す。

▼ココアのスコーンの材料
・小麦粉 200g
・バター 50g
・純正ココア 30g ※ノンシュガー 
・ベーキングパウダー3g
・砂糖 60g 
・塩 3g
・牛乳 80g 

【 手順 】
材料をボールに入れてまとめます。
お好みでコーンや刻んだチーズやサラミ、ナッツを一緒に練るとおかずスコーンに。
チョコチップやレーズンなどを練るとおやつスコーンに。
カレー粉やココアなどの粉末を入れる場合は、材料と一緒にまぜてからこねましょう。
こねすぎるとグルテンが出て、生地に粘りが生じるので、こねすぎないように注意。
生地肌はつるっとしなくてもまとまればOKです。
材料の分量で6~8等分にして、クッキングシートをひいた天パンに並べます。
あらかじめ温めておいたオーブンで190度、15分を目安に焼いてみて、焼き足りない場合は少しずつ焼き時間をのばしてみてください。 
オーブンによって温度を下げたり、焼き加減を調整してくださいね。

▼今回のポイント
今回は4種のこむぎこを使ってスコーンを作り、食べ比べしました。
スコーンのかたさは使用する粉、小麦粉に対して入れる油の量(バターなど)、水分量(牛乳の量)によって決まります。
8

1)はなふわり
千葉製粉の国産小麦100%使用の菓子用粉。
たんぱくの軽い薄力粉ですが、こねた感じは中力粉のような印象でした。
10

2)エクリチュール
日清製粉の焼き菓子用粉。
フランス産小麦100%の薄力粉で、焼く際に水分をとばしやすく、ホロホロ感が出ます。
さすがお菓子向きだと思いました。
3

3)ホットケーキミックス
外はかりっと、中はややしっとりに仕上がります。
チョコチップやクランベリーなど、スイーツ系のトッピングと相性がいいです。

4)ゆめちから
北海道産「ゆめちから」小麦を100%使用した強力粉。
スコーンとしてはかための仕上がりでしたが、小麦の美味しさがしっかり伝わってきました。

基本の量なら、計って混ぜて焼きあげまでで数十分あればできるので、ぜひトライしてみてくださいね(・ωー)~☆


さてさて、今週末2月20日(土)は麺マルシェです!
辛いもの好きな私は、限定の辣醤麺を狙ってます(ФωФ)

スコーン作りに使った、焼き菓子専用粉 エクリチュールはこちら

image009-300x71