「いたばし粉倶楽部」うどん打ち教室開催!


丸ちゃんです

先日開催された

「いたばし粉倶楽部」

第二回目の開催が無事に終了しました!

いたばしTIMESさんにても内容が公開されました

その模様はこちらからどうぞ♪

http://itabashi-times.com/archives/kona-club02.html

 


 

ブログを読めば雰囲気は伝わると思いますが

私、丸ちゃんの思いはこちらで伝えたいと思います!

単刀直入に言うと

小麦で繋げるのは

「グルテン」と「知識」です!

何度も言いますので悪しからず(笑)

 

例えば

知識を学んだり

作り方を理解したり

イメージを具現化させたり

と言うと抽象的な表現なのでもう少し具体的に…

 

例えばこの「すいとん」ですが

大勢の人は

作り方は「丸めて・ちぎって・茹でる」

味は「食糧難の時代の不味い料理」

と考えていました。

しかし、その考え方を新しい形に繋げます

画像の生地の柔らかさを見て下さい

配合は粉と水を同量で混ぜあわせました

トロトロの生地を

「スイー」っと落として「トン」

あの毒蝮三太夫さんがラジオ収録で訪れた際に教えてくれたすいとんの話

「戦後の際に食べたすいとんは不味い食べ物だった」

と言われた時、ある一つのイメージだけではないか?と感じました

そのイメージを払拭出来る美味しいすいとん

フワフワのモチモチ食感

「美味しい!」と参加者の皆さんからの声

嬉しいです(^^)

お腹を満たす為、無理やり食していたあの「すいとん」ではありません。

小麦粉の可能性、もっと大きく言えば食の可能性は皆さんが思う以上に壮大です。

その繋ぎ役に是非とも

 

【粉の丸ちゃん】

 

をご指名してみてはいかがでしょうか?