絶対に錆びさせない!磨き続けるのは「己の腕」と「包丁」です


7月も今日で終了。
麺切包丁のメンテナンスが出来ました~!思い出すのはあの会話
「板橋区で地域活動の一つとして粉とうどん教室を開きました!」
とサラ~ッと話したら、手打ち麺に重要な一式をあの蔦の大西さんから譲り受けたのが昨年の寒い時期。とんでもなく嬉しかった反面、引き継いだ物を大切に使い周りにも体感・経験してもらいたいので使う事だけでもかなりプレッシャーがあったんです。それから定期的に麺打ちを行い、終わる度に各道具のメンテナンス。お手入れする事は嫌いではないですのが、独自方法なので完璧なお手入れになる様に日々心掛けてます。
 
 
 
 
 
 
 
 
小麦粉から色々と作り続けることは大事だけど、その周りに付随するモノ、コトにも目を向けていこうと考えています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それから一つの区切りとなる出来事が最近、起こりました。実はサポートしていた地域活動団体「いたばし粉倶楽部」さんが約1年の期間をもって「完全解散」となりました。1つ言わせてもらうとしたら「継続は力」になります。決断する事も勇気だと思います。他の方法で続ける選択ではなかった事は残念でしたが、活動の中で継続的に参加した中で培った小麦粉の知識や2次加工の技術は今後の糧となれば幸いです。メンバーの皆様、1年間お疲れさまでした!
 
 
 
 
 
 
理由はともあれ活動を終わらす決断となり、小麦粉普及活動に関してはまた1からのスタートとなります。人集めやら色んな手続き等を再び進めていく事となりそうです。。。
あの苦労が再びやって来るのか~と(笑)それでも尚、私の元には引き継がれた素晴らしい経験や道具は残っています。ブロックを1個ずつ積み上げては崩れる様な繰り返しかもしれませんが、もう一度地域社会と共に上に上にと積み上げるような取り組みと経済活動も併せて新たに立ち上げる準備をしたいと思います。
まずは周りで「青空★うどん教室」
に参加したいとの声がまだまだ上がっているので、9月以降を目標に再び青空うどん教室の開催を検討しています。8月中は業務用のプロ方々との取り組みを中心に。状況はまだまだこれからですが、予定はしっかりとあるので頑張ります!
 
 
 
 
 
 
 
美味しい乾麺や業務用のお問い合わせは是非粉の丸ちゃんよりお問い合わせくださいね!