有意義な時間と感じるのはパンを焼く事を一大イベントとして捉える事です


小売り対応を4月から始め半月が経過。

厳しい状況が続く中で模索中。現在、会社一丸で倉庫整理や清掃頻度を増し断捨離も!我が社の部長が率先し、レイアウトも変更してくれてます。手作り感満載ですが、入口もチェンジ!有り難いです。と言う事で、玄関先から備蓄のススメと小麦粉の魅力を発信。

 

 

そんな中でふと、目に留まったツイッターのとある「つぶやき」

例えを「パン」の自作を例にしています。

なるほどな~。

 

 

 

そうそう、安く済ませるなら加工食品を選べばいい。空いた時間を有意義に使うなら原料からしっかりと作り込んだ食事を食べればいい。店頭販売に興味を持って声かけてくれるけど冷やかしする人。結局こんな時に言い訳して小麦粉の一袋も買えない人はそんなもんだよね。と思う昼間の1コマでした。

 

 

そして、もう一つの悩みが店頭に色々と情報を提示しても分からないと言われてる始末。観察力って人それぞれ。誰でも分かるようにというのが一番難しい。。。


もっと単純に、もっと分かり易く、もっとはっきりと。けどね、なんでこんな無機質な倉庫入口でラーメンが食べれるの?なんて聞けるの?理解し難いです・・・

 

そして小麦粉から作る事で安上がりにするとかじゃないんです。もっとその先の「価値」が高まればいいのにな~。

めげずに明日も改善・修正・実行だ!

業務用の小麦粉以外にも個人の皆様が店頭で買えるアイテムを随時更新していきます。

詳しい情報はTwitterで追いかけて下さい!

宜しくお願いします!