4月から変わってきた「モノ」と「コト」その1 レジ袋は有料に??


世の中の状況が目まぐるしく変化する。。。

経済活動への打撃はとてつもない状況であります。しかし、これから自宅での生活に重きを置く中でライフラインは止まりませんし物資(一部衛生用品除く)も潤沢にある状況です。今後、スーパーマーケットやホームセンターの利用が増える中でも皆さんに気にして欲しい事があります。今回から3回に分けてご紹介したいと思います。
 
4月から身近な所で変わった
「モノ」と「コト」その1
 まずはコレ!!!


レジ袋有料化
今では当たり前になったビニールのレジ袋。幼い頃の記憶で、買い物で渡される袋は紙袋なども多く利用された思い出があるんです。持ちづらくてよくテレビのドラマや漫画の描写では紙袋が破れて購入した商品の中身が飛び散って色々なハプニングが飛び出すなんてシーンもあったよな~!昭和の頃の話ですが、決してそんなに古い話ではありませんよ!(笑)

 

 

 


話は脱線しましたが本題へ戻りましょう。

 

 

 


昨今の環境問題に付随してごみ削減の取り組みの一環とし、政府が義務付ける7月からの買い物袋有料化を前に大手スーパー・量販店等をはじめ、4月から前倒しで一斉に始まりました。身近な所で考えるとスーパーマーケットのレジ袋や衣類等の商品を販売するお店の紙袋ですよね。その袋を今後、1枚2~10円程度で別途で販売するのです。実は「売り手側」も有料で販売する事がルールとして盛り込まれています。ここがポイントですね。

 

 

 

そういえば昔、お金も無い学生時代の若い頃、某有名アパレルショップの洋服は高くて購入出来なかったですが、そこのお店のショッピングバッグだけ貰ったり、譲ってもらい使っていた懐かしい記憶が蘇ります(笑)

 

 

 

特に飲食業者の皆様でテイクアウトやデリバリーお土産商品の販売で袋の有料化を義務付ける形になると思います。違反の場合。法的な罰則は今の所、明記がありませんが他人事として捉えずにまずはこの事実と対応は考えてみてはいかがでしょうか?

詳しくは経済産業省の特設サイトを確認!!


https://www.meti.go.jp/policy/recycle/plasticbag/plasticbag_top.html