2020年スタート!「伝える」事は昨年の実績と今後の歩みについて


2020年最初の

いたばし粉倶楽部 

活動開始!

 

 

 


今回はうどん打ち比べ!

同じ粉、同じ配合で全員の技術を確認しつつ、楽しく作って、ワイワイしながら個性溢れるうどんを舌鼓。これが予想以上に楽しく勉強にもなりました!打ち立てをその場で即時に。食べて分かるし見ても分かる。例えば生地延し工程の差、茹でる際の火力差、切出す太さ…どれもこれも十人十色の出来上がり(6名ですが(笑))

 

 

少しずつ、「いたこな」のレベルも上がっています。特に今回は包丁の切れ味に感動しました~。使う物の差を理解出来る様になれば、またそれも経験!素晴らしいバックアップや周りからの多大なる厚意を受け、この恩恵をどうやって還元していこうかと個人的に考える。。。

 

 

 

 

 

当たり前のように器用に手打ちうどん作り+αが出来るけど凄い事なんですよね。では何故出来るのか??毎回参加しているメンバーの努力と向上心のがとてつもないんですよね。強制でないし、逆に言うと、とても能動的なメンバーが多いので、難なく楽しそうにこなす。

これは当日始めた手打ちらーめん作り。

毎度毎度、唐突でご迷惑をお掛けします汗

けど美味しかった~。

やはり根幹には #小麦粉普及活動 を念頭に素材(小麦粉)から考える食の知識を付与する取り組みをこの板橋の地で始めたい。なんて堅苦しい言い回しではありますが、取り組み自体に難しい事は何もないです。

「粉からこんなに楽しい事出来るんだよー」

って事、伝えたいなー!若い人達にこそ参加してほしいし、知らない人がもっと入り込んで来ても全然OKな雰囲気も作りたい。答えは簡単ですね♪