台風19号の影響を近所のスーパーマーケットで感じた理由


週末の台風19号。ニュースでも被害状況が各地で報告されている。

実際に自分自身で感じた台風による影響はこんな部分でした。

立ち寄ったビバホーム小豆沢セブンタウン店。ガスコンロ、ガスボンベ、大半の電池は完売。台風前だからもっと早めに購入しないといけなかったな~。。。。凄い勢いで人がやって来てたし、異常な盛り上がりを見せていたのが印象的。

 

 

 

 

 

 

ヨークマート小豆沢セブンタウンの食品コーナー。

卵完売。

即席麺(カップ麺)完売。

チルド麺完売。

何も買えないと思ったら赤塚大仏の近くにある製麺工場『幸住』のとく麺を発見!6人前の麺が入って200円!スープが付いて無いから買わないのかな?それだけで買わないとしたら、台風を考慮して災害時の食をどうするか?もっと考えてもいいと思いました。

 

 

 

 


余談ですが…

非常食=乾パンの時代は既に過ぎ、今では「アルファ―米」や「ロングライフパン」の商品が豊富に揃いました。もしもの事を考えると、これを最低限揃えておけば非常事態時に役に立つかも??参考リンクは下からどうぞ!

https://www.bousaikan.jp/tokusyu/180129.html

 

 

 

 

 

 

 

と言う事で自宅で小麦粉料理に集中してみました。ホームベーカリーを2台セットしてパンを焼きました。台風19号だからという訳でなく日頃から原料だけで食糧を作れる力を養いたい!小麦粉の魅力はこれだと思う。台風の影響もあり、自宅に籠もる時間が長く、この連休で小麦粉料理を色々と作れ、ピザも久しぶりに焼きましたが面白い!そして美味い!考えるとパンの勉強にもなるから知識の幅が広がるし、一石二鳥。

 

 

 

 

 

パンを焼いて台風の一夜を越した翌日。近くの川の水量を見た時に水害の脅威を改めて感じました。何が起こるか分からない。だからこそどんな状況や条件も含めて行動していきたい。

 

 

今回の災害被害を受けた地域の皆様。一日も早く元の生活を取り戻せますように。。。