決して難しい事は言いません。「小麦粉は美味しい」と単純明快に感動してもらいたいだけなんです!


夏のイベント依頼もひと段落。

約2か月間が濃厚であっという間でした。実はこの期間、小麦粉に触れる機会が無く、感覚が鈍っていました。

と言う事で、久しぶりに小麦粉を使って試作。

午前中の配達を終わらせて、午後から小麦粉を触る。

 

 

 

 

 

 

いたばし粉倶楽部の麺打ち教室以来で2ヶ月ぶりかな?

何となく手際が悪い^_^;

うどん生地は定番のオーストラリア産の小麦粉を使用。じーっと見つめていると愛着がわいてくる丸み。

可愛いな(笑)

 

 

 

 

 

ちなみに今回は加水率が高い(小麦粉に対しての水の量)切る際に麺同士がベタつき、手間取ります。そして、切ったものの太さがかなり不揃いです(^o^;

しかし、味は良い粉のおかげで最高の美味さ!オーストラリア産の小麦粉の色味と食感は言わずもがな!!

 

 

 

 

 

「小麦粉が~である」とか

「麺の性質は~です」とか

色んな事を仕事や教室では説明したり教えるけど、一番は

「小麦粉って美味い~!!!」

って単純明快に感動してもらいたい。

 

 

 

 

 

 

 

だって、粉を水で捏ねて切るだけでこんなにハッピーになれるのにね。こればかりは数字や言葉だけでは言い表せないし、説得力出したいなら自分で実践しないと意味がない。一緒に参加してくれる人達に向けてドンドン提案したい思いもあるし。その思いにプロ・アマなんて区別は関係はないですから。

 

 

 

 

 

今週末は実践が待ち構えています。

粉の試作や料理作り楽しみだな~!

明日も粉で実験だ!