2011・3.11東日本大震災から8年


東日本大震災から8年。

当時の行動と心境を書き綴りたいと思います。

 


営業訪問予定先へ車を走らせ、ちょうど赤信号で停止していた時でした。

 

「ええ?なんだこれ?やけに揺れるなー。。。」

 

車が揺れたとはいえ、その程度の考えでした。

 

実は四方をダンプカーにより囲まれており周りが隠れ状況が把握できませんでした。

 

訪問先の事務所のテレビで地震の速報と異常な事態を伝える様子に愕然。

 

その後、2回目の大きな揺れを体感し訪問先より帰社を決意。

 

既にパニックの町は交通麻痺・渋滞・帰宅困難が続出しました。

 

私達の周りではこの程度でしたが、今でも忘れられない体験です。

 


 

あの日をきっかけに何が変わったのか??

・考え方

・生き方

・住む場所

・家族

・環境

 

皆さんいかがでしょうか?

8年も経過すると

震災後に生まれた子供達は徐々に増え

当時小学生だった子供は成人を迎え始めています

その傷跡は一つも癒えていません。

改めてこの震災がもたらしたものの深刻さを感じます。

そして昨年の8月、縁があり震災後初めて福島へ訪問

2018年の出張流しそうめん!!福島県富岡町編

 

・流しそうめんの会場の富岡町の様子
・その周辺の一部写真
をリンク内のブログにてUPしています

 

この様子から普通の生活は戻っているのか?
皆さんどう感じます?

何が出来るのか?と
ひたすら自問自答です