日本の食卓は海外産食材によって支えられている事をご存知ですか?


お昼はラーメンが多い私もたまには蕎麦を嗜みます!

先日訪問した

「手打ち蕎麦真壁」さん@下赤塚

のせいろと天麩羅。こちらは国産そばの実(通称ヌキ実)を店舗にて挽いた粉を使用したお蕎麦なんです!

 

 

 

 

味は勿論ですが、だしソムリエ&ラグビー繋がりでもあるという稀な共通点を発見し、嬉しさも倍増!! そして手打ち蕎麦真壁さん@下赤塚では一般の方向けに手打ち教室も開催されているのですが、そこで麺打ち先生をしている、粉仲間が作ったお蕎麦を頂きました!

 

 

一緒に作るメインはうどんですが、それ以外の探求心も旺盛です。 と言う事で自宅で頂きましたが、粉の原料、製麺方法以外にも 「麺を茹でる」 ポイントも重要です。 うどんと違い、ラーメンとも違う。蕎麦の大切な部分をどうやって活かすか?を考えながら茹でる。無駄なのかもしれませんが、これが美味しさに繋がればOKですよね♪ 香り、食感、のど越し最高!

あとはつゆを自宅で作れたら… 見事な麺、有難うございます<m(__)m> 色々と相談させて頂き、今後何かしらの企画を皆さんへお披露目出来るかも…楽しみです!!

 

 

 

話は変わりますが、皆さんは日本の小麦粉事情をどのくらいご存知ですか?

実は国内消費の9割が現在外国産でまかなわれており、第二次世界大戦以降に飛躍的に消費量が伸びているのです。その話を数年前にTBSラジオの「ゆうゆうワイド」でお馴染みの毒蝮三太夫さんが生収録でチラッと話てくれました。

 

実は歴史的な背景を探ると色々な事が発見出来るんです!

学んでみましょう!小麦のこと!

 

そして最近のニュースでは「蕎麦」も話題となっています。

https://www.news24.jp/articles/2021/02/23/06828781.html

実は蕎麦も外国産が8割!日本の麺は外国産食材に頼らざる得ない状況という事をまずは知って欲しいです。

 

 

と言う事で小宮商店直売所では飲食店のプロの皆様が愛用する「業務用小麦粉」が家庭でも扱い易い量と金額で販売します! 但し、小麦粉類は数量限定の特別品です。売切れの際は予めご了承下さい。

気になる方は店頭をチェック! 只今の一押しは九州産チクゴイズミ。

中力粉でうどん用におススメですが天ぷらにも◎

よろしくお願いします<m(__)m>