押し付けず、合わせず、人それぞれの考え方で良い。時が巡り巡って変わるのだから。


暗い話ではないんですが色々と考えさせられた話。

昭和から存在する街中華のあるお店。

錆び落ちた鋳物の鍋受け竈を見て店主さんがふと呟いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

「時代に合わせるのは我々にはもう至難の技だよ。流石にもう疲れたな~・・・」 

 

 

 

 

 

 

 

 

何て声かければ良いのか分からず、自称おしゃべり営業マンが沈黙してしまった。 (^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

人それぞれの考え方がある。押し付けず、合わせず、人それぞれの考え方で良い。時が巡り巡って変わるのだから。俺の考え方が絶対!なんてないんだよね。私もあと何年業界で過ごせるのだろうか??

 

 

 

 

 

 

 

 

今、街中華をネットで調べ上げて晒し荒らす若年層。思いがけない繁盛効果や来店客に高齢店主達は戸惑い営業する事に躊躇して閉店の準備をする。

 

 

 

 

 

 

中華チェーン店を食い潰す高齢層。若いスタッフへの過度な要求、低単価の注文・長時間滞在で高回転を止める。故に人材不足へ拍車がかかり海外スタッフに頼る形が負の連鎖へ繋がる。

 

 

 

 

 

ふと思ったのが粉を売りつつ、作り手・食べ手のマッチングが出来ない物かな~と。

 

 

 

 

 

 

毎回言いますが私は粉を売るだけでは終わりたくないんです。皆さんが粉を買ってくれた中で何かに繋がるきっかけも提供したいと常に考えています。安い粉買いたければ大量購入すれば価格は下がりますし、大手ECショップで検索すれば結構な安さで入手出来ます。 安さ以外の価値をあなたへ・・・ お問い合わせは粉の丸ちゃんへ是非ともお願いします!!